データベース マーケティング ダイレクト <IMG src="../../../dmd_sec/dmd_sec_2.jpg" width="610" height="110" border="0" alt="新規設立法人データと新店舗データの低価格販売">
 ホーム

必要なチェック項目

試しにチェック!


無料!
 ダウンロードデータ



特定商法に基づく表記
個人情報について
メール


・テレアポ(電話営業
・DM(ダイレクトメール
・飛び込み営業
 (訪問営業)
という営業手法は、やはり「スピードが命」です。
































ホーム >> 必要なチェック項目

新規顧客数の低迷を感じた時、又は
さらに高い営業目標を達成するためにチェックしておくべき事項

間違った出発点は”できる営業マン”をダメにする

 企業にとって宿命と言える新規顧客開拓ですが、その多くが「新規設立法人」をターゲットにしています。
数多くのライバル企業から抜きん出て「如何にして一番初めにアプローチをするか」が新設法人と契約を結ぶために重要なカギとなることは言うまでもありません。
しかし、どれだけ努力し、あらゆる営業手法を駆使しても、営業の出発点となる、新設企業リストや名簿が的外れな古いものであったとしたら・・既にその時点で努力は無駄になってしまっているかもしれません。

 的外れな営業の出発点となる、新設企業名簿やリストの信頼性を検証することなく長期に亘り使用を続けることは、営業マンの自尊心を傷つけ、著しくモチベーションを低下させます。その失った自信と意欲を取り戻す事は、簡単な事でありません。営業経験者なら少なからず思い当たるところがあるのではないでしょうか。

営業の出発点を考え直す

「名簿、データ買い取ります」という広告を目にしたことはありませんか?
名簿販売会社やデータ販売会社の多くが、「再販」を行なっている事実を認識してください。
当サイトは代理店制度を完全に撤廃いたしました。
ライバル企業より古かったり、同じデータや名簿を使って営業を行なっていても、望む結果は得られないでしょう。
成果が出ないのであれば、すぐにそのデータや名簿の利用を止め、違うものを試してみるべきです。だらだら利用を続ける事は無意味です。また新規顧客の契約数が落ち込んできたときにも、営業の出発点を再検証する事をお勧めします。


ハッキリ申し上げます。「新規設立法人データ」などの名簿は、同じのもが業者間でグルグルと転売されているケースが非常に多いのです。

弊社のデータは100%オリジナルです。
だからこそ、価格をわずか ¥7000 に抑えることもできているのです。



試しにチェックをしてみる →


【無料!!新規設立法人データ・新規開業店舗データの販売地域】


全国15の政令指定都市、および東京都23区。
ご希望の地域がない場合には、リクエストも受け付けています。...地域リクエスト

北海道地区
   * 札幌市
----------------
東北地区
   * 仙台市
----------------
関東地区
   * さいたま市
   * 千葉市
   * 東京都23区 Aブロック
      板橋区
      大田区
      渋谷区
      新宿区
      品川区
      杉並区
      世田谷区
      中野区
      練馬区
      港区
      目黒区
      * 東京都23区 Bブロック
         足立区
            荒川区
            江戸川区
            葛飾区
            北区
            江東区
            墨田区
            台東区
            千代田区
            中央区
            豊島区
            文京区      
      * 川崎市
      * 横浜市
-----------------
中部地区
      * 静岡市
   * 名古屋市
-----------------
関西地区
    * 大阪市
   * 堺市
   * 京都府(府内全域)
   * 神戸市
-----------------
中国地区
   * 広島市
-----------------
九州地区
   * 北九州市
   * 福岡市

無料版ダウンロードサイトへ >>    このページのトップへ >>  ホームへ >>

Copyright(c) 2006 Database Marketing Direct by Alterna Co.,Ltd. All Rights Reserved.